学童保育 支援員 遊び紹介

子どもの遊びに困ったら「あっち向いてホイ!」をしなさい!

投稿日:

はい、久しぶりの投稿になってしまいましたが、今年は毎日更新を心掛けていきます!

ところでみなさん、お正月です。コロナ渦ではありますが、親戚と会うことはありますでしょうか?沖縄は親戚が集まる機会でもありますので例年よりは減りましたが親戚と会います。そしてもれなく子どももついてきます。

親戚の子どもと言っても、年に1、2回しか会わないので、距離感が微妙です。

親戚の子に限らず、お店で隣の席にいる子ども、電車で隣に座ってきた子ども、友人とカフェに行ったときの友人の子ども等、生活の中で子どもが近くにいる機会は意外と多い気がします(完全に自分の経験ですが)。

また、私は職業病なのか、ついつい子どもがいると見ちゃいます。何なら親の関わりまで見てしまいます。(なんかすいません)。

そして、特に居酒屋で多いのですが、親が酒をのむことに一生懸命で子どもが放置されて暇そうな光景。めちゃくちゃ気になります。スマホを与えられて、時間をつぶす子ども。現代の風景ですが、私は気になって仕方がありません。

私としては、「子どもを楽しませたい」精神が旺盛なので、機会があれば一緒に遊びます。そんなときに便利なツールがじゃんけんです。

じゃんけんこそ、人類が編み出した最強のコミュニケーションツールの1つなのです。(特に子ども関連では無敵)

じゃんけんの中でも「あっちむいてホイ」は強いです。それは2人でも複数人でも盛り上がれるからです

この「あっち向いてほい!」を上手く活用するには3ステップが大切です。

①「あっち向いてホイ」をするためにじゃんけんをする
②じゃんけんに勝ったら「あっち向いてホイ」をして勝つ!(「あっち向いてホイで自分が勝つまで頑張りましょう)
③「あっち向いてホイ」の要領で「腹の中、生まれたて、1歳、2歳・・・」と続けること

特に①、②は③を活かすための前置きにすぎません。この年齢を決める「腹の中、生まれたて・・・」の部分こそ子ども達が盛り上がる場面です。

③は通常の「あっち向いてホイ」と同じように相手の指が示す方向に顔を向けないようにするというスタンスは変わりません。変わるのは掛け声です。

あっち向いてホイではありません。

「腹のなか」「生まれたて」「一歳」「二歳」「三歳」・・・と後半は年齢が入ります。

言葉の語尾で振り向いたり、顔を動かしたりしますが、指の方向を向いてしまえば、向いた人はその年齢になってしまいます

つまり、7歳の小学生とやって、「3歳」で指の指す方を向いたら、「向いた人は3歳ですね」という一種の年齢診断的な要素が入って、

大体の場合は、

「もっかいやろう!」

「もう一回!!!」と再戦することになります。

結果的に私はこれで子ども5人と1時間近く遊んだことがあります(笑)

とりあえずまずは、「じゃんけんしよう」と持ち掛けてみてください。大抵は条件反射でやりますから。

そこからいきなり、「あっち向いて・・・」ってなったらもうコッチのものです。

子どもと関わる際のコミュニケーション方が1つ増えるのは保育者や保護者にとって強い武器になります。

是非「じゃんけんの活用法」をモノにしてより子どもと楽しくコミュニケーションを取ってほしいと思います。

-学童保育, 支援員, 遊び紹介
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新年最初の保育は「お年玉企画」をしてみよう

お年玉ってもらう時ワクワクしません?? 子ども達にも学童に来るとき、ワクワクしてほしいと思いませんか?? 少なくとも私はそう思います。 だから、私は毎年初めの保育ではお年玉企画をしています(笑)※お金 …

高学年の学童保育の意義とは

コロナウィルスの影響に伴う臨時休業を経て、今週から学校が始まっていますが、自分たちの自治体では明日が卒業式という小学校が多いようです。うちの学童に在籍している6年生も卒業式のようです。 学童保育は昔、 …

「意思決定」をさせる

今日は自然の家を利用して、お別れ会を行ってきました。新年度になると、学童のメンバーは入れ替わります。 継続する子、辞める子が分かり、このメンバーで過ごすことのできる時間の有限さを子どもたちも感じている …

なぜ教育者の道から支援員の道へ

~教員しか考えられなかった私が支援員になったわけ~ 私は大学生時代、学童を中心とした、学校、家庭の三者連携の可能性について研究していました。 もともとは小学校の教員志望で、入学し、三年の時の教育実習で …

バイト生への日誌の導入

以前から言うように、「バイト生も立派な保育者である」と私は思っています。それは、子どもから見れば、正規も非正規も、パートもバイトもみんな大人だと思っているからです。 詳しくは「バイト生も立派な保育者」 …

アクセス

学童保育に携わる筆者が、子どものより良い成長について「遊び」と「学童保育」を中心に発信していきます。

・子どもと楽しく遊びたい!

・遊びのバリエーションを増やしたい

という思いを叶えるお手伝いができたらと思います。

また、学童に関する情報や現状ついても発信できればと思います。