遊び 遊び紹介

<遊び紹介> 色鬼ごっこ

投稿日:

鬼ごっこには様々なバリエーションがありますが、ある程度子どもの数がいて、周囲に色んな遊具や自然があるところで、大活躍の鬼ごっこは「色鬼」です!

学童にいる人はやったことある人が多いと思います。幼稚園でもやったことがあるという子がいるので、有名な鬼ごっこかもしれませんね。(^_-)-☆

<準備> 特になし

<場所> 室外(自然の中もおすすめ)

<人数> 5人以上だとおもしろいかも

~ルール~

①鬼を決めます

②鬼じゃない人はみんなで声をそろえて、「鬼さん鬼さん、今日の色は何色ですか?」と鬼に尋ねます。

③鬼は「○○色」と思い付いた色や目に入った色、好きな色等を言います。

④鬼が色を答えたら、その色を探します。その色がついているものに触る前に鬼にタッチされたら交代です。

これは、ルールもそこまで難しくなく、低学年が結構好きですね(^^)

私は、友達が少ない子やなかなか自分からは遊びに誘入れない子を入れて、その子の身につけている物の色を言ったりして、その子の周りに自然と人が集まるように仕向けます。すると、物理的にも近いせいか、他の子とコミュニケーションが取れたり、集団に馴染んだりします。

私は子ども達からリクエストを受けたらやりますが、自分から仕掛けるなら夏休み前くらいにはやりますね。

夏休み前は、ある程度人間関係が出来上がってきたりしてますから、自然と、一人でいる子やコミュニケーション苦手な子が結構顕著になってたりします。「色鬼」を通して、夏休み前にお友達を増やしたり、みんなと遊ぶ時間を作ることで、集団慣れを狙います。

とはいえ、無理やりやらせるようなことはしません。あくまで無数にあるアプローチの一つになります。「色鬼」が好きじゃない子には、別のアプローチをしていけばいいだけの話です。だって、

遊びはたくさんあるのだから。

この記事が、遊びを通した子どもたちの成長に繋がるきっかけになればこの上なく嬉しく思います。

-遊び, 遊び紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

<遊び紹介> つるかめたまご

だるまさんが転んだ!っていう遊びは、もう大人から子供まで知らない人はいないじゃないかっていうくらいの知名度ですよね。 私も幼少のころに遊んだ記憶があります!でも私はそんなに熱中した記憶がないのですが、 …

お昼後にはみんなでBINGO!

~食べた後はゆっくり過ごそう~ 私の勤める学童では、お昼ごはん食べた後は、1時間前後、室内でゆっくり過ごさせています。急に動いたりすると体調を崩してします子もいるので、ちょっとした配慮です(^^) た …

「遊び」をすること

私は昨年に「放課後児童支援員認定研修」を受講しました。「放課後児童支援員」は簡単に言うと、学童の先生になるための資格のことです。全16回の講義のうち、「遊び」に関する講義がありました。それを少しだけ紹 …

<遊び紹介>天大中小

私もこの遊びの名前を知ったのは、つい最近のことです。 「ボール遊びはしたいけど、サッカーやキーベー(キックベースボール)のような激しいやつは嫌だ」という子たちのために、私が調べてやってみた遊びでした。 …

<遊び紹介>じゃんけん列車

コロナウイルスの影響もあり、各自治体で様々な策が打ち出されていますが、私の勤める学童クラブも通常の半分程度しか来所していません。 自宅保育をお願いしている影響もありますが、やっぱり感染リスクがしんぱい …

アクセス

学童保育に携わる筆者が、子どものより良い成長について「遊び」と「学童保育」を中心に発信していきます。

・子どもと楽しく遊びたい!

・遊びのバリエーションを増やしたい

という思いを叶えるお手伝いができたらと思います。

また、学童に関する情報や現状ついても発信できればと思います。