学童保育

「意思決定」をさせる

投稿日:

今日は自然の家を利用して、お別れ会を行ってきました。新年度になると、学童のメンバーは入れ替わります。

継続する子、辞める子が分かり、このメンバーで過ごすことのできる時間の有限さを子どもたちも感じている様子です。

本来であれば、「お別れ遠足」という形で、動物園や水族館などにお出かけをしますが、今年はコロナウイルスの影響もあり、屋外でみんながのびのびと過ごせるであろう自然の家になりました。

広場や体育館など、充実した施設が揃っていましたが、

一番楽しんでいたのは、林の中を探検するウォークラリーでした。

個人的にも、楽しめたんじゃないかなと思っています。自然のすごさを直に感じられたような瞬間ではないでしょうか。険しい道も、途中垣間見える、海や住宅地などは眺めが素晴らしく、印象に残っています。

低学年ともともに行動していたため、ケガのリスクや時間との兼ね合いもあり、途中でUターンすることになりましたが、この体験は間違いなく子どもたちの思い出にはなったんではないでしょうか。

今回のお楽しみ会は、班別行動で、私の班は、「最終的な意思決定はできる限り子どもたちで」もモットーに取り組み、悩んだりしつつも、みんなで決めるという経験はできたのではないでしょうか。

大人が与えたウォークラリーの企画でも楽しいことは間違いありませんが、自分たちの頭で考え、自然と対峙する、又は自然の中で過ごすという経験が何よりも魅力に感じられるのではないでしょうか。

自然に限らず、私の場合、「意思決定は可能な限り子どもに任せる」ことが多いです。自分たちで決めたことの方が、責任であったり、何かするときに心の準備が整いやすいと思っているからです。

また、大人の指示に乗っかることが習慣になり、自分で考えたり、行動しなくなる、ということが起こりにくいような側面もあります。

自分で考え、自分で決断でき、自分で行動できるような人を育めるような指導や対応を心掛けていきたいですね。

-学童保育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

支援員になって思うこと

私は教育者、保育者、どちらが自分に向いているか。いまだに分かりません。ただ、学童保育には、教育とは違った面白さがあります。 学校とは違った柔軟性のあるスケジュール、遊びを通した人間性の成長、集団生活を …

新型コロナで2度目の臨時休校!

3月の上旬から春休み前まで臨時休校をしていましたが、春休み直前で解除された私の学童がある地域は予定通り4月7日から学校の予定でした。しかし、急遽臨時休校になることが決まり、子ども達は「いえーい!」とい …

高学年の学童保育の意義とは

コロナウィルスの影響に伴う臨時休業を経て、今週から学校が始まっていますが、自分たちの自治体では明日が卒業式という小学校が多いようです。うちの学童に在籍している6年生も卒業式のようです。 学童保育は昔、 …

新型コロナウイルスに伴う  臨時休校明けの学童保育

みなさんこんにちは。日本のみならず、世界各地で新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、私たちの学童がある自治体は16日から臨時休校を終え、通常通り学校へ登校させています。 休耕期間中は、9時から …

学童のバイトのやりがいとは

学童保育は常に人手不足状態であり、最近ではコロナウイルスの影響もあり、1日保育が続き、人手不足に拍車がかかっている状態のところも多々あるようです。 学童での職員の雇用形態によると、最近では処遇改善の動 …

アクセス

学童保育に携わる筆者が、子どものより良い成長について「遊び」と「学童保育」を中心に発信していきます。

・子どもと楽しく遊びたい!

・遊びのバリエーションを増やしたい

という思いを叶えるお手伝いができたらと思います。

また、学童に関する情報や現状ついても発信できればと思います。