学童保育

新型コロナで2度目の臨時休校!

投稿日:

3月の上旬から春休み前まで臨時休校をしていましたが、春休み直前で解除された私の学童がある地域は予定通り4月7日から学校の予定でした。しかし、急遽臨時休校になることが決まり、子ども達は「いえーい!」という感じで喜んでいましたね(-_-;)

目に見えないウイルスとニュースで取り上げられる数字だけで、子ども達がコロナの恐ろしさを理解することは難しいですよね。

そもその、臨時休校が解除されなかった地区では、3月から今まで予期せぬ1日保育に疲労困憊状態でしょう。

私たちの職場でも日々余裕がなくなってきているように感じます。私たちがどんなに頑張ってもコロナウイルスを根絶させることはできません。でも、ただ現状を悲観しているわけにもいかないと思います。

私たち支援員は、仕方なくでもなんでも、「子どもたちを預かり守る」という使命がまだ残っているからです。

まずは、出来ることをできるだけやってみる必要があります。

・子どもが使うものの消毒

・換気

・可能な限り、他者との物理接触をさける

・手洗い、うがいの徹底

等です。三密状態の学童がほとんどですが、その中で可能な限り頑張っているクラブが圧倒的多数だと思います。

私も、マスク(アルコール除菌をして使いまわしている状態)、こまめな手洗いと消毒を心掛けています。

これだけしても、かかってしまうことがあるでしょう。私の場合は、「いかに人に移さないか」を考えて行動すべきだと思っています。マスクも、予防効果はいまいちと言われていますが、自分がウイルスを飛ばすことは避けられます。自分が除菌された状態であれば、接触時のリスクを減らせます。

このような意識を支援員が持ち、子ども達の予防を支える環境を目指していくことが最善かもしれません。

各学童大変だとは思いますが、開所しなければならない以上、力を合わせて頑張りましょう!

-学童保育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

支援員になって思うこと

私は教育者、保育者、どちらが自分に向いているか。いまだに分かりません。ただ、学童保育には、教育とは違った面白さがあります。 学校とは違った柔軟性のあるスケジュール、遊びを通した人間性の成長、集団生活を …

「意思決定」をさせる

今日は自然の家を利用して、お別れ会を行ってきました。新年度になると、学童のメンバーは入れ替わります。 継続する子、辞める子が分かり、このメンバーで過ごすことのできる時間の有限さを子どもたちも感じている …

学童での清掃業務の秘訣!

~大掃除を楽しく、早く、そしてきれいに~ 学童は3月が特に忙しい。というのも、春休み等の長期休暇もありながら、4月には新しい子たちが入所してくるため、その準備が必要だからです。 年間行事の作成や名簿、 …

みんなで歌おう!学童でMusic!

コロナの影響もあり、1日保育が続いておりますが、夏休みのようなワクワクもなく、退屈に感じてしまう子供も増えています。 「家にいたい・・・」 「やることない、ひま」 「もーめんどい」 と、学童での一日に …

お昼後にはみんなでBINGO!

~食べた後はゆっくり過ごそう~ 私の勤める学童では、お昼ごはん食べた後は、1時間前後、室内でゆっくり過ごさせています。急に動いたりすると体調を崩してします子もいるので、ちょっとした配慮です(^^) た …

アクセス

学童保育に携わる筆者が、子どものより良い成長について「遊び」と「学童保育」を中心に発信していきます。

・子どもと楽しく遊びたい!

・遊びのバリエーションを増やしたい

という思いを叶えるお手伝いができたらと思います。

また、学童に関する情報や現状ついても発信できればと思います。